AOA

ICMIFサイトへ

  • ホーム
  • AOAとは
    • AOAの概要
    • 会員リスト
    • AOA規約
    • 30年史
  • 活動の記録
  • 今後の予定
    • 総会
    • セミナー
    • 会員訪問団
    • その他の活動
  • ニュース
    • 会員ニュース
    • その他のニュース
    • レポート
  • 全一覧
  • ご紹介
    • AOAの概要
    • 会員リスト
    • AOA規約
    • 30年史
  • 活動の記録
  • 今後の予定
    • 総会
    • セミナー
    • 会員訪問団
    • その他の活動
  • ニュース
    • 会員ニュース
    • その他のニュース
    • レポート

その他のニュース

コーポレーターズ(カナダ)とワワネサ(カナダ)のインドのDHAN財団への支援を確認しました

Woman Farming

カナダのCAMICは、ICMIF財団と提携してDHAN財団とのプロジェクトを支援し、COVID-19の第2波によって荒廃したインドの農村部の低所得層を対象としたマイクロ保険による回復力の構築を支援しています。

CAMICは、コーポレーターズが2年間で20万米ドル(2,279万4,000円)を拠出し、この国際的な取り組みに対して寛大な支援を行うことを発表しました。CAMICの社長兼CEOであるサンギタ・カンブレ(Sangita Kamblé)氏は、コーポレーターズの多大な貢献と、CAMICICMIFの会員団体としてこのキャンペーンにリーダーシップを発揮してくれたことへの感謝の意を表し、次のように述べました。「今回のコーポレーターズの支援は、 COVID-19の発生後、最も支援を必要としている人々を支援することで地域社会の回復力を高めることに貢献するものであり、相互扶助が私たちの地域の枠を越えて展開できることを強く示しています。」

「「ICMIF5-5-5」を通じて、このパンデミックの中で大きな困難に耐えてきたインドの農村社会を支援できることを誇りに思います。」と、コーポレーターズの社長兼CEOであるロブ・ウェセリング(Rob Wesseling)氏は、「この取り組みは、私たちが協同組合として誰であるかを反映しているだけでなく、世界的な協同組合運動の強さを力強く示しています。」と述べています

CAMICはまた、ワワネサ 保険CAMICの呼びかけにより、DHAN財団のキャンペーンに貢献したことを発表しました。カンブレ氏も、COVID-19によって深刻な影響を受けたインドの人々を支援するこの支援に感謝の意を表しました。

「相互保険会社としての私たちの目的は、お互いの世話をすることです。」と、ワワネサの文化、コミュニティ、コミュニケーション担当副社長、セレナ・ハインズ(Selena Hinds)氏 は述べています。「だからこそ、より回復力のある地域社会の構築に役立つICMIF財団の5-5-5相互マイクロ保険戦略をサポートできることを誇りに思います。ワワネサは、業界を結集して最も必要とされる場所を支援するこの世界的な取り組みに参加できることを光栄に思います。」

コーポレーターズとワワネサの支援は、プロジェクトを支援するために他のCAMIC会員7団体からの寄付続くものです。

今年初めのCAMICの呼びかけについて、カンブル氏は次のように述べています。「CAMICの理事会は、COVID-19の被害を受けたインドの農村地域で最も困っている人を人々をCAMICの全会員が連帯して支援するためにこの活動を開始しています。相互扶助がCAMICの価値観の最優先事項にあり、相互扶助には国境がないことを理解したうえで、このような支援を行うことはCAMICの価値観と完全に合致します。」

ICMIF財団CEOであるサビエ・パテル(Sabbir Patel)氏は、次のように述べています。「カンブル氏とこの呼びかけへの支援を約束してくれたCAMICの会員団体に感謝します。相互扶助組織や地域社会組織は、新興市場で進行中のパンデミックへの対応の最前線にあり、DHAN財団が提供するマイクロ保険の相互扶助プログラムとそれに付随するサービスは、被害を受けた人々がこの壊滅的な危機から経済的にも精神的にも回復ために不可欠で重要でなものす。」

DHAN財団は、インド社会の低所得層や脆弱な地域の生活に影響を与えることにより、回復力のある地域社会を構築し、貧困を削減することを使命に、1997年からインドで活動している組織です。DHANは、リスク管理が持続可能な生計を確保するための重要な手段の1つであると考えており、人々が生命、健康、家畜、作物のリスクを管理できるようにするコミュニティベースの相互保険のモデルを開発し、成功を収めています。ICMIF5-5-5相互マイクロ保険戦略の一環としてプロジェクトであるDHAN財団とその相互保険事業体であるPeople Mutualsは、2017年に貧困層向けの保険商品、システム、プロセスの専門化の拡大を開始することができました。今回のコーポレーターズとワワネサ保険からの寄付は、この活動を継続し、DHAN5年間のプロジェクトの終わり(2022年)までに100万人を支援するのに役立てられます。

ICMIF財団の詳細については、こちらをご覧ください

ICMIF財団への寄付を希望し、それによってDHAN財団を支援したいICMIF会員団体は、ICMIF財団のリソースモビライザーであるティナ・ブラウン(Tina Blain)まで連絡をください

DHAN財団は、今年初めのICMIFウェビナーで、「マイクロ保険を通じて持続可能な開発目標に影響を与える」というタイトルの国連持続可能な開発目標を支援する彼らの取り組みについて話しました。ICMIF会員団体は、ウェビナーの録画を見ることができます。

※ 文中の金額は1米ドル=113.97円で換算

ICMIFサイトの英語ニュース記事(以下にリンクを表示)を許可を得て翻訳・転載しています。

https://www.icmif.org/news_story/co-operators-and-wawanesa-mutual-confirm-their-support-for-the-dhan-foundation-in-india/

掲載日付2021.11.15