AOA

ICMIFサイトへ

1. AOAの概要

国際協同組合保険連合アジア・オセアニア協会(AOA)は、国際協同組合保険連合(ICMIF)の地域協会のひとつであり、またICMIFは国際協同組合同盟(ICA)の専門機関のひとつであることから、これらの団体を順にご説明します。

(1) ICA(International Co-operative Alliance、国際協同組合同盟)

1895年に設立されたICA(本部:ベルギー・ブリュッセル)は、相互扶助と民主主義の精神のもとに、協同組合運動の国際的な発展を支援するための組織で、世界各国の農業、消費者、信用、保険、漁業、林業、勤労者、旅行、住宅、エネルギー等あらゆる分野の協同組合の国レベルの組織が加盟しています。 ICAは組合員約10億人を擁する世界最大の民間公益団体(NGO)であるとともに、国連の経済社会理事会(ECOSOC)諮問機関に登録されている組織です。

(2) ICMIF(International Cooperative and Mutual Insurance Federation、国際
協同組合保険連合)

1922年にICAの専門機関のひとつとして設立されたICMIF(事務局:英国・マンチェスター)は、ICAのもとで協同組合保険運動の国際的な発展を支援するために活動している組織です。 2021年11月現在、ICMIFは世界60か国・地域、198団体から構成されています。

(3) AOA(Asia & Oceania Association of the ICMIF、国際協同組合保険連合アジア・
オセアニア協会)

1984年にICMIFの地域協会のひとつとして設立されたAOA(事務局:東京)は、ICMIFのもとでアジア・オセアニア地域の協同組合保険運動の発展を支援するために活動している組織です。 2021年11月現在、AOAはアジア・オセアニア地域の12か国、43団体から構成されています。

2. AOA設立の目的と主な活動

AOAは以下の目的を実践するため、総会やセミナーを定期的に開催しています。

(1)アジアおよびオセアニアにおける協同組合保険運動の推進

(2)国際協同組合保険連合の活動に会員が意見を反映できる機会の提供

(3)会員相互の交流機会の増大および友好の促進

(4)会員間に共通する問題を解決するための協議の機会の提供

3. AOA理事会体制(2022年1月31日時点)

Fumio-Yanai-1-160x208 会長
柳井 二三夫
JA共済連
(日本)
副会長:P.A.キリワンデニヤ(スリランカ、サナサ保険会社) 副会長
P. A. キリワンデニヤ
サナサ保険会社
スリランカ)
理事:ジョスリン・D・デキートウ(フィリピン、CARD MBA) 副会長
ジョスリン・D・デキートウ
CARD MBA
フィリピン)
 理 事:アダム・ヒース(ニュージーランド、FMG) 理事
アダム・ヒース
FMG
ニュージーランド)
 理 事:キム・インテ(ニュージーランド、FMG) 理事
キム・インテ
NH生命保険
韓国)
 理事 ジム・グロッサ カプリコーン・ミューチュアル (オーストラリア) 理事
ジム・グロッサ
カプリコーン・ミューチャル(オーストラリア)

4. 歴史

【1984-2014】
【2015~】
現在作成中

協同組合の国際機関

 

ページの先頭に戻る
トップページに戻る