AOA

ICMIFサイトへ

その他のニュース

シェルター保険(アメリカ)は、障碍者の職場共生と平等が認められています

disability-workplace

シェルター保険(Shelter Insurance)は、2022年障碍者平等指数(Disability Equality Index 、DEI)で 80 点を獲得し、「障碍者との共生に最適な職場」に認められました。これは、「Fortune 1000 」および「 Am Law 200」 が競合他社と比較して障碍者の共生度を測定する、世界で最も総合的なベンチマークです。DEI を取得することで、企業は障害者の雇用と平等だけでなく、より広範な社会問題に対する関係者の取り組みを示すことができます。

80 点以上の高得点を獲得した企業は、「障碍者共生に最適な職場」として認定され、企業広報、PR、およびマーケティング チャネルで DEI ロゴを使用するなど、評価を宣伝する機会が与えられます。

シェルター保険の社長兼 CEO である ランダ・ローリンズ(Randa Rawlins) 氏は、次のように述べています。「多様な背景を持つ人々を支援することは、継続的な取り組みです。多様な背景を持つ人々を受け入れることで労働力が拡大し、包括的でない場合よりも多くのアイデアへの扉が開かれることを知っています。」

DEI は毎年約 40 時間かけて、オンライン評価します。これは、LGBTQ を含む職場の方針を強調する企業平等指数(Corporate Equality Index)をモデルにしています。Disability:IN米国障害者協会 (American Association of People with Disabilities:AAPD)によって 2015 年に開始され、今日では事業における最も強力な障碍者包括評価ツールとして認められています。

DEIは、障碍を持つ人々にとってより公平な社会を作ることに貢献できると考えている企業に焦点を当てるものです。これは、障碍を持つ6,000 万人のアメリカ人の権利を守り、雇用、技術、医療に対する障壁を取り払うという、私たちの活動のパイプであり、今日の進展を目の当たりにして興奮しています。」と、AAPD の社長兼 CEO であるマリア・タウン(Maria Town)氏 述べています。

シェルター保険は、自動車保険の顧客サービスでも認められています

シェルター保険が「障碍者の雇用に最適な職場」として認められたのは、世界的なデータ・分析企業のJD パワー2022 年に行った米国自動車保険調査で、「中部地域の自動車保険会社の中で最高の顧客満足度会社」に5 度目のランクインを果たした直後です。

この調査は、自動車保険の顧客からの回答に基づき、2022 年 1 月から 4 月にかけて実施されました。調査は、保険金請求手順と保障内容情報; 請求; 交流; 保険契約の提供; 価格の各調査項目 (アルファベット順) で、顧客に自動車保険会社での経験についての回答を求めました 。シェルター保険は各項目で高い点数を獲得し、相互作用、保険契約の提供、保険金請求手順、保障内容情報で第 1 位になりました。

ローリンズ氏は次のように述べています。「この賞を再び受賞できたことは、顧客からの信頼を証明するもので非常に重要なことです。JD パワーの調査に対する顧客の前向きな対応に感謝します。顧客に高い満足度を提供することに注力している、すべての代理店と従業員の継続的な努力に感謝しています。」

 

ICMIFサイトの英語ニュース記事(以下にリンクを表示)を許可を得て翻訳・転載しています。

https://www.icmif.org/news_story/shelter-insurance-recognised-for-disability-workplace-inclusion-and-equality/

掲載日付2022.8.9