AOA

ICMIFサイトへ

  • ホーム
  • AOAとは
    • AOAの概要
    • 会員リスト
    • AOA規約
    • 30年史
  • 活動の記録
  • 今後の予定
    • 総会
    • セミナー
    • 会員訪問団
    • その他の活動
  • ニュース
    • 会員ニュース
    • その他のニュース
    • レポート
  • 全一覧
  • ご紹介
    • AOAの概要
    • 会員リスト
    • AOA規約
    • 30年史
  • 活動の記録
  • 今後の予定
    • 総会
    • セミナー
    • 会員訪問団
    • その他の活動
  • ニュース
    • 会員ニュース
    • その他のニュース
    • レポート

その他のニュース

ベストの特別レポート:ストレステストはAMベストが格付けする保険会社の大半がパンデミックに耐えられることを示す

2020年5月にICMIF協賛会員AMベストAM Best)が発行した最新の「ベストの特別レポート:格付企業の新型コロナウィルスのストレステスト」によると、格付け機関AMベストが実施した、格付を受けている保険会社の財務力に新型コロナウィルスのパンデミックが及ぼす予備的な影響を測定した最初のストレステストでは、ほとんどの保険会社の資本水準が、バランスシートへの潜在的なショックに対して適切なバッファーを提供することがわかりました。調査結果によると、パンデミックへの感度は、資産と死亡率に関するリスクが高い生命保険会社、住宅ローンへの大きなエクスポージャーを持つ保険会社、カントリーリスクの高い場所で事業を行う業者、資本基盤の小さな企業の方が高くなりました。

このレポートで詳述されているように、ストレステスト分析は世界中の約1,400の格付け対象をカバーし、引受および資産に対する新型コロナウィルスの影響に焦点を当てました。全体結果では、AMベストの自己資本比率(BCAR)のスコア中央値は、格付け対象のVaR 99.6で、2019年末の推定BCAR 49%から43%に低下しました。AMベストは、これは保険業界の回復力を示していると述べています。

米国とカナダの損害保険会社は、生命保険、年金保険、健康保険と比較して、比較的良好なパフォーマンスでした。

「保険会社は、リスク調整後の資本の大幅な減少よりもむしろ、2020年の収益に大きな打撃を受ける可能性が高いでしょう」と、AMベスト格付サービス(AM Best Rating Services)のシニアダイレクターであるマヘシュ・ミストリー(Mahesh Mistry)氏(写真)は述べています。「法的な紛争は消費者、保険契約者、規制当局、立法者にとってより目立つため、特定の市場における評判リスクも問題となる可能性があります。」ストレステストでは、契約が無効になる可能性のあるシナリオは考慮されていません。

新型コロナウィルスが保険業界に前例のないインパクトを与え、世界的な経済の変動性に影響を与えたことは、AMベストのストレステストで良好なパフォーマンスを示した企業でも、状況が所定のシナリオを超えて悪化した場合、信用格付けへ圧力に直面する可能性があることを意味します。これらには、パンデミックの復活に起因する死差損の第2波、イベントのキャンセル、事業の中断、貿易信用保険などの企業物件保険セグメントの請求の急増、契約条項にかかる裁定と訴訟および政府の決定の結果、金融市場のさらなる悪化による重大な投資損失または資産の評価減の発生が含まれます。

この特別レポートの全文は、以下にアクセスしてください。

 http://www3.ambest.com/bestweek/purchase.asp?record_code=297213

ストレステスト結果に関するマヘシュ・ミストリー氏との簡単なビデオディスカッションは、以下でご覧いただけます。

 http://www.ambest.com/v.asp?v=ambstresstest520

  
ICMIFサイトの英語ニュース記事(以下にリンクを表示)を許可を得て翻訳・転載しています。

ページの先頭に戻る
トップページに戻る