AOA

ICMIFサイトへ

  • ホーム
  • AOAとは
    • AOAの概要
    • 会員リスト
    • AOA規約
    • 30年史
  • 活動の記録
  • 今後の予定
    • 総会
    • セミナー
    • 会員訪問団
    • その他の活動
  • ニュース
    • 会員ニュース
    • その他のニュース
    • レポート
  • 全一覧
  • ご紹介
    • AOAの概要
    • 会員リスト
    • AOA規約
    • 30年史
  • 活動の記録
  • 今後の予定
    • 総会
    • セミナー
    • 会員訪問団
    • その他の活動
  • ニュース
    • 会員ニュース
    • その他のニュース
    • レポート

会員ニュース

国際協同組合保険連合(ICMIF)のヒルデ・フェルナイレン新会長らが東アジア各国を歴訪

国際協同組合保険連合(以下、ICMIF)の新会長ヒルデ・フェルナイレン氏が、事務局長のショーン・ターバック氏らとともに2月下旬から3月上旬にかけ、中国・韓国・日本を訪問しました。

 

握手写真
握手するフェルナイレンICMIF会長(左)と勝瑞AOA会長(右)

ICMIFの概要

ICMIF%20Logo%20StackedICMIFは世界75か国、290団体(16年10月現在)からなり、世界の協同組合保険・共済事業の発展のため、加盟団体への情報提供や各種会議・研修の主催、そして協同組合保険の価値につき国際世論に積極的に働きかけるという役割を担う団体です。

わたしたちAOAはアジア・オセアニア地域におけるICMIFの地域協会です。

 

フェルナイレン会長と今回の訪問目的について

P&V 2014
ヒルデ・フェルナイレン ICMIF 会長 (© Bénédicte Maindiaux)

フェルナイレン会長はベルギーの大手協同組合保険団体 P&Vグループの執行委員会会長であり、昨年10月にICMIF会長に就任しました。

今回の訪問は、ICMIF会員への就任挨拶や新会員獲得活動、情報収集・意見交換やICMIFの5-5-5マイクロインシュランス開発戦略のプロモーションを目的としたものです。

※5-5-5マイクロインシュランス開発戦略とは

貧困からの脱却や貧困撲滅により、誰もが安心して暮らせる持続可能世界を実現するために、年間にか国で00万世帯の保険未加入世帯に協同組合・相互扶助の理念に基づいた低所得層向けに開発されたマイクロインシュランスの普及を目指す戦略です。現在、フィリピン、スリランカ、インド、コロンビア、ケニアの5か国でプロジェクトが始動しています。
参考リンク

 

韓国・日本での日程について

AOAでは、NH生命保険(韓国会員)およびJA共済連(日本会員)と連携し、韓国および日本におけるフェルナイレン会長一行の訪問日程をアレンジしました。

韓国と日本における主な訪問内容は以下のとおりです。

a. 講演

フェルナイレン会長とターバック事務局長は韓国で一度、日本で二度の講演を行ないました。

講演では、ICMIFが調査公表している世界の協同組合/相互扶助の保険組織の現状や、ICMIF会員の国際的な認知向上のために実施しているG20ビジネスサミットや保険開発フォーラムにおける政策提言活動、5-5-5マイクロインシュランス開発戦略、今後の活動概要などについて説明がありました。

ICMIF_Presentation_Japanese
講演資料・日本語版(PDF)  ダウンロード(3.19MB)

ICMIF Feb 2017 and Japan trip
講演資料・英語版(PDF) ダウンロード(10.26MB)

DSCN3056-2
NH生命, NH損害, ICMIF, AOAによる合同会議でプレゼンテーションを行なうフェルナイレン会長 (NH生命本社にて)【2017年2月28日】

DSCN30644
JA共済連において役職員約60名に対して講演するフェルナイレン会長【2017年3月2日】

JCIA04
日本共済協会の会員向け講演会にて参加者(約120名)からの質問を受けるフェルナイレン会長とターバック事務局長【2017年3月2日】
b. 会員などの訪問
  • 韓国 (2/28) 

中国から韓国に移動したICMIF会長一行は、韓国における主要会員である農協系のNH生命保険NH損害保険と合同で面談し情報交換するとともに、今後のICMIF活動などにつき意見交換を行ないました。さらに、ICMIFに興味を示している団体への訪問もあわせて実施しました。

なお、AOAからは勝瑞会長(JA共済連理事長)と古和田事務局長が、韓国団体とICMIFの相互理解と親睦の橋渡し役として、この韓国訪問に同行しています。

NH01
フェルナイレン会長, ターバック事務局長らと歓談するSeo Ki-Bong NH生命保険社長(中央)とLee Youn-Bae NH損害保険社長(Seo社長の右隣り)

NH02
ICMIF, NH生命保険, NH損害保険, AOAの合同会議の参加者で団結のポーズ(前列左からSeo Ki-Bong NH生命保険社長, フェルナイレンICMIF会長, 勝瑞AOA会長,  Lee Youn-Bae NH損害保険社長)                      

DSCN3040
ICMIFのターバック事務局長, フェルナイレン会長, Seo Ki-Bong NH生命保険社長(左から)
  • 日本 (3/1-3/2) 

日本に入り、フェルナイレン会長一行は、日本会員との面談を精力的にこなしました。到着した3月1日午後には、大学生協共済連全労済を訪問。翌3月2日は、午前中にJA共済連を訪問し講演を行なうとともに、ランチミーティングではコープ共済連日火連の役員らと意見交換しました。また、午後には日本共済協会の役員らと面談の後、同協会の会員向け研究会において講演を行ないました。  

UCMAF
大学生協共済連の皆さんたちと – 濱田会長理事(前列右), (後列左から)寺尾専務理事, 米山副会長理事, 石塚理事, 田村執行役員, AOA塩入, 松岡さん

Zenrosai01
全労済の皆さんたちと – (左から)生澤常務理事, フェルナイレン会長, 中世古理事長, 原専務理事, ターバック事務局長

Zenrosai02
フェルナイレン会長とピットくんの記念撮影 – 全労済のオフィスにて

Zenkyoren
JA共済連の皆さんたちと – (左から)ジェイコブズ氏(P&V), ICMIFのターバック事務局長, フェルナイレン会長, 勝瑞理事長, 柳井専務理事, 三間常務理事

DSC_2262
コープ共済連・佐藤理事長、日火連・寺西理事らとのランチ・ミーティング

JCIA01
日本共済協会の会員向け講演会
c. その他

多忙なフェルナイレン会長一行の日程は非常にタイトなものでしたが、東アジア各国の文化や習慣などについて短い時間ながら触れる機会もありました。各国の相違点と共通点について認識を深めていただければ幸いに思います。

DSC_2244
ソウルでの晩餐会会場

DSC_2249_2
空港から面談会場への途上で – 東京スカイツリーを背に

Tokyo02
空港から面談会場への途上で – 浅草雷門を背に

以 上     

ページの先頭に戻る
トップページに戻る